ドクター紹介

ドクター紹介

プレシャスクリニック自由が丘
院長 清水 祐紀

1984年昭和大学医学部を卒業 その後、形成外科名門である昭和大学医学部形成外科、鬼塚教授の下で形成外科を研修し、形成外科専門医を取得。日立総合病院で、形成外科医長を歴任後、1995年昭和大学病院形成外科病棟医長、医局長を経て、1998年より講師、2005年に准教授に就任しました。大学で引き続き研究を続けてきましたが、2017年4月プレシャスクリニック自由が丘の院長に就任し、地域医療に根差したホームドクターを目指して、日々研鑽を積んでいます。

ごあいさつ

こんにちは、清水 祐紀です。

私は30年、昭和大学で形成外科・美容外科を担当し、特にレーザー治療に造詣が深いです。大学では准教授として、学生の教育も行いながら、美容医療の研究を行ってきました。レーザー治療を美容医療で扱うようになってから、機械を使う美容医療の研究を行うようになりました。最近では、このミラドライという治療器がとても効果があることを知り、その研究を続けています。私の研究によると、このミラドライは手術に匹敵するほどの効果が得られています。こういうような研究成果を皆様にお伝えしたいと考え、このサイトを作りました。ワキガ・多汗症でお悩みの方の助けになればと思います。

 

経 歴

1984年 昭和大学医学部 卒業
同年6月 昭和大学形成外科前期助手
1985年 自治医科大学整形外科研修医
1986年 昭和大学形成外科後期助手
1988年 熊本機能病院形成外科副部長
1989年 昭和大学形成外科員外助手
1990年 日立製作所日立総合病院形成外科医長
1995年 昭和大学形成外科助手 病棟医長
1996年 昭和大学形成外科助手 医局長
1998年 昭和大学形成外科専任講師
2005年 昭和大学形成外科助教授
(2008年4月1日より准教授に名称変更)
2017年 プレシャスクリニック自由が丘 院長就任

資格

  • 医学博士
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 日本形成外科学会評議員
  • 日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医
  • 日本美容外科学会(JSAPS)評議員

クリニック情報

医院名 プレシャスクリニック自由が丘(Precious Clinic Jiyugaoka)
住所 〒152-0035
東京都目黒区自由が丘2丁目11-5 自由が丘ミドリビル2F
>>Google map
電話番号 フリーダイヤル
0120-091-1230120-091-123(患者様専用)
03-6421-157803-6421-1578(フリーダイヤルが繋がらない時はこちらまで)
最寄り駅 東急東横線、東急大井町線 自由が丘駅 正面口 徒歩1分
お支払 現金・クレジットカード・医療用ローン

診療時間のご案内

 
10:00-19:00

休診日:水曜、日曜日休診 水曜以外の祝日は診療しています。

当院の特徴

  • 大学にて30年臨床・研究を行っていた形成外科専門医による治療
  • 国際基準の最先端の医療機器での治療
  • 形成外科専門医が寄り添いサポートする満足度の高い美容医療

医学的根拠(エビデンス)に基づいた美容医療を提唱していたします。「身体にメスをいれるのが怖い」と避けていたワキガや多汗症、「加齢のせい」と諦めていたシミ・シワ、「アレルギーがあるから」と敷居が高かった美肌への道も、形成外科・美肌治療の先駆である元・昭和大学形成外科所属の専門医がしっかりとサポートいたします。厳選した治療機器、高い専門知識を持つスタッフとともに、満足の行く結果をお届けします。

ご予約・ご相談はお気軽に

ワキガ・多汗症のことでお悩みでしたら、自由が丘にあるプレシャスクリニック自由が丘まで
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 0120-091-123 繋がらない場合は03-6421-1578
  • bottom_img01.png
  • メールでのお問い合わせ 24時間受け付けております