ミラドライブログ

2018.04.03更新

こんにちは

プレシャスクリニック院長の清水です。

ミラドライ治療にまつわるHPの記事から、気になることをピックアップして、私なりの考えを伝えます。

 

今回は術後臭について

ミラドライ治療したのに術後臭が!再発するの?

これは以前のブログ(ここをクリック)でも書きましたが、治療が不十分であったときには再発してしまいます。

これ以外にも次のようなことが考えられます。

私はミラドライの治療に絶対的な自信を持っているので、当院(プレシャスクリニック自由が丘)で治療を受けた患者さんは絶対満足いただけていると思っていたのですが、中には”先生まだ臭うから再治療してください”と言ってこられるケースがあります。

そういった方々には、発汗テストをしてもらって、客観的に、どういう状態なのかを調べてから治療を行います。

発汗テスト

これはヨードデンプン反応といって汗(水)と反応して青くなります。

青い線で囲っているところが汗をかいている場所になります。

全体的に汗をかいているわけではないことがお分かりになるとおもいます。

治療前だと

汗のテスト

こんな風に全体が青く染まります。

ということで、ミラドライの治療が確実に行われていない部位が部分的にできたしまったことがお分かりになると思います。

ミラドライはハンドピースをテンプレート通りの部位ごとにあてて、治療を行っていくのですが、その治療のすき間ができてしまうのではないかと考えています。

未治療の部位ができてしまうので、このように汗をかく部位がところどころにできてしまうのです。

上の写真のケースで、おおむね80%の部位は完全に汗が出なくなっていると思いますが、残りの20%で臭いを感じてしまうのです。

元の臭いの強さによるのだと思いますが、臭いの感じ方は人それぞれなので、同じ状態でも臭う人、臭わない人がいると思います。

この状態で臭うということは、残念ながら、術後臭、失敗ということになるのでしょう。

当院では、このようなケースの再治療は、 汗をかいているところだけミラドライを照射 します。

テンプレート通りの再照射では、また、同じことになりかねません。

さすがに、この後、再治療を希望されて来院されたケースはありません。

そして、最初から、このすきまをなくす方法がミラドライ既存のテンプレートにとらわれない、独自の照射方法による、プレシャスクリニックのプレミアムミラドライです。

もう手術は必要ありません。

 

投稿者: プレシャスクリニック自由が丘

ご予約・ご相談はお気軽に

ワキガ・多汗症のことでお悩みでしたら、自由が丘にあるプレシャスクリニック自由が丘まで
まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 0120-091-123 繋がらない場合は03-6421-1578
  • bottom_img01.png
  • メールでのお問い合わせ 24時間受け付けております